「債権整理」最近、テレビコマーシャルで頻繁に見かける話題となりました。

弁護士の知識量に脱帽
弁護士の知識量に脱帽

債務整理というシステム

「債権整理」最近、テレビコマーシャルで頻繁に見かける話題となりました。「弁護士に相談しましょう!」、というキャッチフレーズで…。一昔前は消費者金融のテレビコマーシャル、街頭での宣伝が大きく入ったティッシュ配りなど最近、どちらも見かける事が少なくなったのは貸出の金利の利率が見直されたこと、借入額の限度額が見直されたこと、そしてこの債権整理の知識が普及した事が大きな要因となっていると思います。普通にお給料内で生活している人にとっては遠い世界のお話のような気がしますが、やはりこのご時世の不景気時代、生活費が足りなくて借入を行う人も多いらしく、借り入れていた返済金を返す為に、他の消費者金融などから新たな借り入れをする。この負のスパイラルで合計7社から借り入れていた、なんて話を聞いたことがあります。
そして、このような消費者金融等の借入は人に相談をしにくいらしく、勤務先に知られたらどうしようなどから中々債権整理に踏み切れない人もいるようです。
数社に渡り消費者金融から借入をおこない、苦しんでいる方を見かけたことがあります。債権整理というシステムを上手に取り入れ、新たな一歩を踏み出せる人が増えることを強く願うばかりです。