以前何となく、ふと裁判とは実際に傍聴したら、どんなものだろう?と突然興味が湧き、裁判所へ行った。

弁護士の知識量に脱帽
弁護士の知識量に脱帽

裁判中の空気や感情を肌で感じて

以前何となく、ふと裁判とは実際に傍聴したら、どんなものだろう?と突然興味が湧き、裁判所へ行った。
気になる裁判があったとかではなく、思いついて、数日…とりあえずは、何かしらの裁判が予定されている日を狙って、裁判所へ行った。その日やっていた幾つかのものの中から、丁度良い開始時間のものを選び、裁判の傍聴席へ。その日の内容は、外国人が犯した犯罪のもので、身内らしき数名が居た程度の極々小さい感じだった。

けれど、裁判をしているのだから、被害者は相当の迷惑を被り、キチンとした判決を下して罰してほしいとの切なる願いがあるのだなと、思った。その裁判は、僅かな事件だったかもしれないけれども、もっと大きく、本当に凄い事件だったとしたら、大変な時間と労力、費用、人材等がかかり、判決を下すまでは簡単にはいかないだろう。
今まではテレビや映画の中でしか、見たことのない裁判だったけれど、実際に裁判を傍聴してみて得たことは、そこに居る人たちの空気や気、憎悪、人間の奥深い感情を感じられた事だと思う。

PR情報