一応法学部を卒業しましたし、司法書士の資格を取ろうかと大学時代専門学校にも通おうとしたことがあるくらい、法律には興味があるほうです。

弁護士の知識量に脱帽
弁護士の知識量に脱帽

比較的取りやすい資格

一応法学部を卒業しましたし、司法書士の資格を取ろうかと大学時代専門学校にも通おうとしたことがあるくらい、法律には興味があるほうです。
実際には大学の講義時間と専門学校の授業がかぶる時間が多くてダブルスクールは出来ませんでした。
もし私が弁護士や検察官などの法律家になれるのであれば、私は検察官になってみたいと思います。司法書士の資格を取ろうかと思ったのは、それが士族の中で比較的需要もあって、弁護士などよりは試験がほんの少しやさしかったからです。
自分でもし選べるのであれば、検察官がいいかなと思います。理由は、弁護士は検察官を辞めてからでもできるからです。
どちらかを選ぶときに検察官を選択しておいたほうが仕事にも困らないかなというのも理由にあります。弁護士の資格を取っても初めは弁護士事務所などで仕事を覚えないといけないと思うのですが、その就職が難しいと聞いたことがあります。検察官であれば、公務員でもあるし、就職に困ることがないので魅力を感じています。

PR情報

  • 春日の税理士なら、面倒な経理業務・決算業務もまかせられるこちら。